So-net無料ブログ作成
検索選択

夏のバカンス @コスモアイル羽咋 [こども]

c06.jpg
富山県の氷見市から、能登半島を横断し石川県の羽咋市へ。ここは知る人ぞ知るUFOの町。
今回のバカンスの裏目的地でもある「コスモアイル羽咋」へ。
幹線道路からちょっと入ると、いきなり目の前にロケット現れます!
マーキュリー・レッドストーン・ロケット、でかいです!これ一段目、二段目ロケットは実物です。

c07.jpg
館内に入ると、このポスター。ハイテンションですw非常事態ですw

c14.jpg
入り口に展示してあるルナローバー(地球走行用のタイヤ付き)、運転席に乗れます。の、横で覗いているバイト宇宙人サンダー君!

一階は羽咋市の図書館や市民スペースにもなっており、展示は二階からです。

c03.jpg
エレベーターも全然普通じゃないですよ。

c13.jpg
マーキュリー宇宙カプセル(米)。アメリカ最初の有人宇宙船。大陸弾道ミサイル改造品にくっつけて打ち上げたそうで、ちっこくて狭そう。これは同素材で作ったレプリカだそう。

c12.jpg
ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(ソ連)。あるガガーリンとかが乗ったのと同型。しかも、実物で大気圏突入してきたもの。焼けこげています!

c11.jpg
モルニア1号通信衛星(ソ連)。人工衛星って大きい!TVのCGだと小さく感じますが、ソーラーパネルまで広げると大きい。これは、バックアップ用の本物!

c17.jpg
ボイジャー惑星探査船(米) 小学生の頃にカール・セーガンのCOSMOSとかで見た、あのボイジャーです。大きすぎて一部だけですが、それでも大きい。本物は今も外宇宙に向けてまっしぐら。
金のボイジャーレコードも展示されています(写真は忘れた…)。

c10.jpg
アポロ宇宙服ですね~。

c08.jpg
アポロ月面着陸船(米)。勝手に想像していたのとスケールが違い大きいです。

c09.jpg
で、こちらはルナ24号月面着陸船(ソ連)。米ソの着陸船が並んでいるなんて、世界広といえどもなかなか無いのではないでしょうか。さすがUFOの町。

c05.jpg
もちろんUFOや宇宙人に関する展示も盛りだくさんですよ~。


c15.jpg
こちらは、館内で配布していた、羽咋市内で食べられるUFOグルメマップで見つけた、UFO玉。お好み焼き+ハンバーグ+目玉焼き!(他にもいろいろなお店がUFOメニューをやっています)。

c16.jpg
最近噂の商品券も、UFO商品券!さすが羽咋。


コスモアイル内の宇宙人ピクトグラムも可愛い。
c04.jpg
c01.jpg
c02.jpg

予算だとレプリカ一個しか作れないという事で、市の職員さんが、海外で交渉して集めてきたというエピソードもある展示品群。一見の価値ありです。(JAXAも行ってみたいけどね~w)

この後は、なぎさトライドライブウェイ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。